top of page
  • 執筆者の写真T Nasuno

新社会人として準備しておくべきこと5選

更新日:2023年4月1日



今日は、新社会人として”事前に準備しておくこと”を5つまとめました。

皆さんの役に立てたら嬉しいです。


ぜひご一読ください。



①社会人としてのマナーを学ぶこと

新しい職場での振る舞い方や会社のルール、ビジネスマナーなどをしっかり学んでおくことが大切です。


例えば時間管理です。

約束の時間に遅れないように、事前に行き方を下調べしておくなどの対応が必要です。


他にも、出勤する時の服装は準備できていますか?

新社会人としての1週間はあっという間です。

可能であれば、平日5日分の着回しを準備しておくと、ドタバタすることなく過ごせるでしょう。


メールマナーや電話対応なども、軽く練習しておくと、

教えてもらった時の覚えも早くなります。




②コミュニケーション能力を高めること

職場でのコミュニケーションは非常に重要です。

自分の考えを相手に伝える能力や聞き上手になることが求められます。


一朝一夕で身に付くものではないので、働く前から意識しておきましょう。


仕事に限らず、

”友達にお勧めのラーメン屋さんを伝える”ということでもよいです。


自分がお勧めするポイントだけでなく、

”駅からの立地が良い”、”内装がオシャレ”、”トッピングが豊富”、”コスパが良い”

など、色々な角度から物事を見てみて下さい。


自分の価値観だけではなく、多様な視点から説明する力が付きます。




③仕事の基本的なスキルを身につけること

新しい職場で求められる業務や技術について、課題図書などがあれば、あらかじめ学んでおくことが望ましいです。


業種問わずで言えば、Excelやタイピングなどのスキルが上がっていると、仕事がスムーズになることが多いです。




④健康管理を徹底すること

新社会人としての生活は、新しいことが多いのでストレスが多くなります。


毎日できる軽いエクササイズや、汗をかける銭湯、自然と触れ合える空間、などを把握して習慣化しておきましょう。


私が新社会人の時には、ストレス対策として、

六本木ヒルズの年間パスポートを購入していました。


東京を360度見渡せる屋上のスカイデッキを自由に利用できます。

値段も6,600円なので、月に1回行けば1回あたり600円以下!

コスパが良いです。


【東京シティビュー パスポート】




⑤経済的な自立を目指すこと

社会人として自立するために、自分の収入や支出を把握しておくことが大切です。


初任給がもらえるまでは「いくら使えそうなのか」を見積もりしておきましょう。

ランチ代が高い場合などは、お弁当を持参する、などの計画が必要になるかもしれません。




今回は以上です。


今できることをコツコツと取り組んで、より快適な社会人生活を送りましょう。

皆さんの社会人生活をこれからも応援しています。



Comments


bottom of page