top of page
  • 執筆者の写真T Nasuno

【変化の季節だからこそ】”しない後悔”よりも”する後悔”をした方がいい理由

自信や勇気が必要なら、やりたいことに挑戦しよう。失敗しても次に向かって進もう


皆さんは、

”しない後悔”よりも”する後悔”という言葉を聞いたことがありますか? この言葉の意味は、行動を起こさなかったことに後悔するよりも、行動を起こしたことに後悔する方が良い、ということです。この考え方にはいくつかの理由があります。


理由1:失敗しても成長している  まず、行動を起こしたことに後悔する場合でも、その選択をする前に比べて自己成長が起こっている可能性があります。


失敗や苦労を通じて、やる前と後では自分自身の意識や考え方が変わっていると思いませんか?例えば勇気をもって好きな女の子に告白した時に、結果がどうであれ、何か心持が違うはずです。


「悔しい」

「恥ずかしい」

「がっかり」

「自己嫌悪」



こんな風に、自分の心に向き合うことになるはずです。

こうして、失敗した経験は【成長する機会】になるのです。 もしも何もせずにいた場合は、残念ながら何も得られることありません。 理由2:行動したこと自体でスッキリできる  行動を起こさなかった場合、行動しなかったこと自体を後悔することがよくあります。

後悔や未練が残り、それが将来の悔いの原因となることがあります。


自分はこういう人間だから、というセリフは、挑戦して変化し続けた人には生まれません。

何も挑戦せずに生きてたために、変化することが億劫になり、生まれてしまう言葉です。


一度きりの人生です。


自分の憧れを諦めて、

「自分はこうだから」というまま、あと20年、30年、もしくはそれ以上の時間を過ごすのは苦痛ではありませんか?



理由3:自信と勇気が生まれる 

「自信が欲しい」とは、誰もが思う悩みです。

果たして自信とはどのようにつければよいのでしょうか。


たとえば行動を起こした場合、失敗しても自分が挑戦したことに誇りを持てます。

結果として、後悔の感情が少なくなることがあります。


チャップリンの言葉に

「近くで観れば悲劇、遠くで観れば喜劇」

という言葉があります。


失敗した瞬間は辛いでしょう。

しかし時間が過ぎたころには、その失敗が笑い話になるものです。


沢山失敗して笑い話にあふれた人と、何も失敗していない無難な人。

あなたはどちらに魅力を感じますか?

そしてどちらに、自信を感じますか?


過去の笑い話が多いことは、自信につながります。


つまり、行動を起こして失敗することで、自信や勇気をつけることができます。

自信というものは、必ずしも成功だけで作られるものではないことを覚えていてください。


自分自身に挑戦した経験は、自己肯定感を高めてくれます。


失敗してもそれに立ち向かった経験から、次に挑戦することができるようになります。

挑戦のスパイラルが生まれます。


一方、何も行動しない場合、自信や勇気がなくなることがあります。

挑戦しないスパイラルが生まれてしまいます。

挑戦しないから、自信も生まれません。


私が社会人コミュニティを立ち上げたのは、成功ばっかりしてきたからではありません。

全然上手くいかないことが続いていも続けてこれた、という失敗の経験が自信を与えてくれました。




やりたいと思ったことに挑戦することは、自己成長や自信・勇気の向上につながります。


どんな小さなことでも良いんです。


気になっていたお店に行ってみる

観る専門だったTwitterで呟いてみる

友達をランチに誘ってみる


経験の量が、あなたの自信と魅力を高めてくれます。

ぜひ、行動を起こしてみてくださいね。



Comments


bottom of page